空室リスクにも対応しているので安心|サブリース契約で賃貸経営を

家賃を確実に徴収するには

家賃債務保証制度を不動産オーナーが利用する場合は、注意が必要です。本来は家賃不払いのリスクを解消するための制度ですが、債務代行を実行できない事例も多いのです。家賃債務保証企業と契約する際は、事前の調査が必要です。

裾野は広がっています

つみき

マンション経営をする人がここ数年で徐々に増えてきています。この背景には、10年前に比べて、ローン金利が低下してきたことと、融資審査の基準が緩和されてきたことがあります。今後もこの状況はしばらく続くと考えられています。

保証人代行のサービス

集合住宅

賃貸借契約に必要となる連帯保証人は、近年の核家族化によって用意するのが困難になっています。そうした入居希望の人にとって便利となる賃貸保証会社は、保証人を代行してくれるので入居者を募りやすくなります。また、家賃不払いがあった場合でも代位弁済してくれるので、不動産オーナーにとってもメリットが大きいです。

空室保証がある契約

メンズとレディ

空室でも収入がある仕組み

サブリース契約によって不動産の賃貸経営を行ってもらうときには空室になった場合にも収入が途絶えない仕組みがあります。一戸建て住宅や区分マンションなどのように人家族しか入居させられないという場合には空室リスクが大きくなり、もし入居者がいない場合には収入がゼロになってしまうでしょう。しかし、サブリースを行うとたとえ空室の期間が続いてしまったとしても収入がなくならずに済む空室保証が行われているものが多いのが特徴です。空室保証は入居者がいなかったときにもある程度の賃料をオーナーに対して支払ってくれるというシステムであり、サブリースではよく見かけられます。保証される金額は契約によって違いますが、通常の賃料の100%を保証して空室かどうかに全く依存しないものもあれば、空室時には8割程度にするというものまであって千差万別です。これはサブリースをすることのメリットをオーナーに与えるためのものというのが基本的な考え方であり、ローンを組んで不動産投資を行っている際に収入が途絶えてしまって返済が滞らないようにできる魅力があります。もともとサブリース契約をしたときには家賃の全額が支払われるのではなく、10%から30%程度が業者側の利益として徴収されているでしょう。その分がプールされていていざという時に還元される仕組みになっているのです。空室保証があるサブリースを選んでおけば区分マンションなどを用いて投資をしてもリスクを減らせるでしょう。