空室リスクにも対応しているので安心|サブリース契約で賃貸経営を

裾野は広がっています

つみき

努力も必要です

マンション経営をする人が増えています。この背景には低金利があります。ここ10年でローン金利は大きく下がってきました。10年前はマンションを購入するためのローン金利は3%程度が当たり前でした。しかし、今では属性の良い人であれば1%前半で借入をすることができる場合もあります。マンションの価格自体は上がってきていますが、ローンを組んでマンション経営をすることを前提とした場合、金利負担も減っているため、トータルの収支は10年前とそれほど変わりません。しかし、金利以外で10年前と大きく変わった点がもう1つあります。それは金融機関の融資姿勢です。10年前は今と比較すると一握りの人しかマンション系をすることができませんでした。しかし、今では20代のサラリーマンやOLでもマンションを購入することができます。年収や勤続年数の条件が大きく下がってきているのです。そのため、マンション経営ができる人の裾野が広がってきています。簡単にマンション経営を行えるようになっただけに、購入すべきマンションの選定には気を付けなければなりません。優良なマンションは公開される前に売買されてしまうことが増えています。優良なマンションを見つけたいのであれば、不動産会社との情報交換を積極的に行うようにしましょう。マンション経営は比較的手間のかからない投資手段ですが、大きな成功を手にしたいのであれば、それなりの努力も必要となってきます。