空室リスクにも対応しているので安心|サブリース契約で賃貸経営を

保証人代行のサービス

集合住宅

家賃不払いのリスク軽減

賃貸保証会社は賃貸住宅を契約する際に必要となる賃借人の連帯保証人の代行をする会社で、別名では家賃保証会社とも呼ばれます。賃貸物件を借りるには親や兄弟といった親類の保証人が必須となりますが、近年の核家族化が進む時代ではそれもままならず、保証人が立てられずに住む家を探すのが困難といった入居希望者が増えているのです。この結果、不動産オーナーにとっても入居者が集まらずに空室ができてしまうという問題を抱えることになります。連帯保証人の代行をしてくれる賃貸保証会社を利用することで、通常なら必要な保証人を立てることなく入居者を募りやすくなり、不動産オーナーとしては空室のリスクが減るという賃貸借の両者にとってメリットの多いサービスとなります。また、賃貸保証会社は入居者が家賃を滞納した場合でも、家賃の支払いを一時的に引き受けて代位弁済してくれます。これによって空室だけでなく家賃不払いのリスクも軽減できるため、不動産オーナーには特に大きなメリットとなるのは間違いないでしょう。近年では家賃不払いで退去または失踪する入居者が増えているため、リスクを回避するためにも賃貸保証会社の需要が急増しています。保証人の問題によって入居可能な人が集まりにくいので、空室が目立つ、家賃収入の空白を避けたいという場合に適したサービスです。また、通常は保証人が立てられない場合において契約するのがこのサービスなのですが、家賃の滞納を回避するために、賃貸借契約で常に契約を必要とするパターンも増えてきています。