空室リスクにも対応しているので安心|サブリース契約で賃貸経営を

家賃を確実に徴収するには

硬貨を持つ人

メリットとデメリット

最近話題になっている家賃債務保証制度とは、不動産物件の賃借人に対して連帯保証人となる契約を結ぶことを指します。諸所の事情で、不動産賃借の保証人を得られない場合に便利なシステムと言えます。家賃債務保証制度は、賃借人と不動産オーナーの双方にメリットがあります。不動産物件を借りようという人には、連帯保証人代わりとして重要な存在になります。また、不動産オーナーにとっては、家賃滞納があった場合にも、代理返済が受けられるので有難い存在となっています。最近では、不動産オーナーの側から、賃借人に対して家賃債務保証企業との契約を義務付けるケースも増えています。ただ、物件を貸す側として注意しなくてはならないことがあります。借主の不払いリスクを解消するために便利な家賃債務保証制度ですが、最近では、債務保証の際に連絡が取れなくなるという事例が増えているのです。すべての家賃債務保証企業が不良企業という訳ではありませんが、不払いの代行を実施できない会社も多いといいます。家賃債務保証制度をオーナー側が利用する場合は、企業に対しての事前の調査が重要です。債務代行を行っている会社の情報は、インターネットではなく、データバンクが発行している企業広報などを利用すると良いでしょう。また、家賃債務保証企業と契約を交わす時は、定款を取り寄せることも大切です。定款の中での免責事項は、特に注意して目を通すことも忘れてはなりません。